世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット松本 石碑「薩長土連合密議之處」

 

石碑「薩長土連合密議之處」

せきひ「さっちょうどれんごうみつぎのところ」

松陰神社敷地内、境内入口左奥の隅にあり、明治百年記念の1968年(昭和43)に建立された石碑。揮毫は故岸信介元首相。
中央に大きく「薩長土連合密議之處」、向って右から「薩州・田上藤七、長州・久坂玄瑞、土州・坂本龍馬」、左側に「文久二年一月、鈴木勘蔵宿之宿」とある。

久坂玄瑞の日記「江月斎日乗」によると、1862年(文久2)1月14日、土州藩士坂本龍馬が、同藩藩士の武市半平太(瑞山)の書簡を持って久坂玄瑞を訪ねて来萩し、この鈴木勘蔵の旅館に泊まったとある。
たまたま、薩州藩士田上藤七も同藩藩士樺山三円の書簡を持って来萩していた。図らずも久坂を中心に、薩長土の三藩が日本の将来を語り合った場所である。
更に久坂の日記によれば、翌日の1月15日、彼等は「他国文武修行者宿」(現在、萩地方裁判所の西向)に移っている。この日、「藁束を斬る」とあるがその場所は定かではない。その後、龍馬は1月23日に萩を出発しているが、来萩の名目が剣術修行であるため、9日間の滞在中に明倫館の剣槍稽古場(現有備館)で試合をしたのではないかと推測される。
龍馬が帰る時に、玄瑞は武市瑞山宛の書簡を託している。それには、藩そのものを否定しても草莽の志士が結合して実践に移ろうというもので、松陰の「草莽崛起(そうもうくっき)論」と思想的なつながりを持っている。その後、龍馬は土佐藩の政策に反対し脱藩。そして江戸で勝海舟の門に入る。
この石碑は、後日の薩長土連合を暗示する前兆の場所として銘記すべき記念碑である。

 

ページトップ