世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット椿 大照院

毛利家の偶数代藩主が祀られている、東光寺と並ぶ毛利家の菩提寺

大照院

だいしょういん

霊椿山大照院は、臨済宗南禅寺派の寺院で、荒廃していたものを、2代藩主綱広が亡父の初代藩主秀就の菩提所とするために、承応3年(1654)から明暦2年(1656)にかけて再建しました。隣接する萩藩主毛利家墓所は、秀就以下2代から12代までの偶数代の藩主と夫人及び一族、秀就に殉死した7藩士の墓石があり、墓前には藩士が寄進した石灯籠が600数基あります(国指定史跡)。
当寺は延享4年(1747)の火災で焼失しましたが、6代藩主宗広によって寛延3年(1750)に再建されました。本堂、庫裏(くり)、書院、鐘楼門、経蔵は国指定重要文化財に指定されています。また寺宝類も多く、国指定重要文化財「木造赤童子立像」をはじめ、県指定文化財「木造釈迦如来坐像」「木造義翁和尚倚像」など、貴重な文化財があります。

5月上旬には藤の花が甘い香りと彩りを添え、毎年8月13日に行われる「萩・万灯会」の迎え火では、約600基の石灯篭に灯が入り、幽玄の世界が広がります。

※大照院では、現在本堂・経蔵の保存修理工事を行っていますので、本堂などはご覧いただけません。書院や墓所はご見学いただけます。
平成30年4月7日に落慶法要が行われ、4月15日頃から一般に開放される予定です。

ホームページへ

ページトップ