世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット美術館・博物館 萩市自然と歴史の展示館

萩のまちの紹介、鉄道の父・井上勝の関連資料を展示するレトロな駅舎

萩市自然と歴史の展示館

はぎししぜんとれきしのてんじかん

白く美しい外観が目を引くレトロなJR萩駅舎の中にある展示室。ドーマー窓を有する白壁に柱や梁が露出するハーフティンバー構造の萩駅舎は、大正14年(1925)に建てられ、平成10年に当時の姿に復元・補強したもので、登録有形文化財となっています。
館内は、萩の美しい自然や歴史を紹介する展示館として公開され、萩市出身で日本の「鉄道の父」と称される井上勝に関する資料なども展示しています。

また、展示館前にある電話ボックスは、大正末期から昭和初期に設置された日本で2番目の型式もので、写真を元に復元されました。この型式の電話ボックスは日本で唯一です。
夜には駅舎がライトアップされます。

 

ページトップ