堀内

城下町

古萩・北古萩・浜崎

土原・唐樋・吉田町

平安古・江向・橋本・田町

東萩・松本

椿

小畑

越ヶ浜・笠山・大井

山田

三見

広域・市外

新着情報トップ匠 萩焼椿陶華山松尾藻風

有田焼の技法も活かしながら萩焼制作に新しい風を

陶華山松尾藻風

とうかざんまつおそうふう

幼い頃から親しんできた有田焼の特性を生かして、伝統の萩焼の本質を守りつつ、新しい技法を駆使した作風がみられる。萩焼の土を使いながらも、食器として使いやすいよう目の細かい粘土でよく焼き締めるなどの精巧な作りで、独自の萩焼を制作している。
娘の優子さんは新進気鋭の萩焼女流作家。高校卒業後に陶・磁の技術や絵付けを有田で学び、帰萩後父藻風に教えを受ける。絵付けを施した作品を中心に制作し、伝統工芸である萩焼の中に、既成の枠にとらわれない独自の個性を表現しつづけている。

ホームページへ

ページトップ