世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット椿 桂太郎旧宅

内閣総理大臣で拓殖大学創設者

桂太郎旧宅

かつらたろうきゅうたく

明治維新後、3回にわたって内閣総理大臣を務めた桂太郎の旧宅。桂太郎は、萩藩士桂與一右衛門の長男として、萩城下平安古に生まれ、3歳の時に川島に移り住みました。この旧宅は、明治42年(1909)に新築したもので、主屋は派手さを抑え、規模も比較的小さなもので、藍場川沿いの生活を穏やかに楽しむために造られています。藍場川の水を引き込んだ流水式池泉庭園内には桂太郎公銅像が建っています。また、縁側には水琴窟(すいきんくつ)があり、澄んだ音色を楽しむことができます。ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っています。

 

ページトップ