世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット土原・江向 井上剣花坊誕生地

川柳の改革復興に尽力した

井上剣花坊誕生地

いのうえけんかぼうたんじょうち

萩藩士井上吉兵衛の長男として、明治3年(1870)萩城下江向に生まれた。本名は幸一。
苦学して木間の小学教員となり、地元の新聞記者を経て、明治33年(1900)に上京、雑誌「明義」の記者となって文芸欄を担当した。明治36年(1903)日本新聞社に入社し、新聞「日本」に剣花坊の名で「新題柳樽」欄を設け、新聞記者をつとめるかたわら、川柳の改革復興に尽力した。同38年には柳樽寺川柳会を組織し、機関誌「川柳」を創刊。
大正期には柳樽寺剣花坊の名で、新川柳会の総師と仰がれた。門下は全国各地に広がり、なかには稚子郎の川柳名をもつ作家吉川英治もいた。昭和9年(1934)没、享年65歳。
また、妻信子は萩市土原に生まれ、後に川柳を学び、公私ともに剣花坊と歩んだ。89歳で死去。夫妻の墓は、鎌倉建長寺にある。萩市民館横には夫妻の句碑があります。

 

ページトップ