世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット土原・江向 旧萩藩校明倫館

幕末における長州藩の活躍に大きく貢献した藩校

旧萩藩校明倫館

きゅうはぎはんこうめいりんかん

萩藩校明倫館は、享保3年(1718)に5代藩主吉元が毛利家家臣の子弟教育のために萩城三の丸(堀内)に建てた藩校です。それから約130年後、嘉永2年(1849)に城下の中心地(現在地)へと移転、規模を拡大しました。
約1万5千坪(約5万㎡)もの敷地内に、宣聖殿と呼ばれた聖廟を中心に、西側に小学舎、手習所などを含めた主として学問習得のための建物、それも漢学中心の初等・高等の教育施設が配置され、東側には槍場、撃剣場、射術場などの武芸修練場、後方には水練池、北方には約3千坪の練兵場が設けられていました。吉田松陰や楫取素彦(小田村伊之助)もここで教鞭をふるいました。
創設より慶応3年(1867)廃館に至るまで、前後約150年の長期にわたって藩校としての教育が行われ、幕末の長州藩の中で大きな役割を果たしました。

敷地内には、旧明倫小学校本館(昭和10年に建てられた木造2階建ての校舎)があり、平成8年に国登録有形文化財に登録されています。
藩校跡に建つ日本最大の木造校舎が、
平成29年3月4日 
萩・明倫学舎として開館しました!


また、剣槍術場である有備館、水泳や水中騎馬の練習が行われた水練池観徳門などが残っており、自由に見学していただけます。
有備館の内部は公開されており、ボランティアガイドが常駐しています(無料)。

≫ 旧萩藩校明倫館マップ


 

 

ページトップ