世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット広域 大板山たたら製鉄遺跡

【世界遺産登録!】日本の伝統的な製鉄方法であるたたら製鉄の遺跡。萩藩の洋式造船を支援した

大板山たたら製鉄遺跡

おおいたやまたたらせいてついせき

砂鉄を原料に、木炭を燃焼させて鉄を作っていた江戸時代の製鉄所の跡。日本の伝統的な製鉄方法は、鉄の原料である砂鉄と燃料の木炭を炉に入れ鞴(ふいご)を用いて行います。この時に使う炉を「たたら」と言います。
宝暦期(1751~1764年)の8年間、文化・文政期(1812~1822年)、幕末期(1855~1867年)の3回操業していました。原料の砂鉄は島根県から北前船を利用して奈古港に荷揚げされ、荷駄で運ばれていました。ここで作られた鉄は、幕末に萩藩が建造したことで有名な軍艦「丙辰丸」にも使用されています。
主要施設(元小屋・高殿・砂鉄掛取場・鉄池・鍛冶屋等)の遺構がよく保存されており、建物跡などの遺構が露出した形で整備されています。
【国指定史跡】

資産の内容を紹介する展示休憩施設「大板山たたら館」が完成しました(平成29年3月)

 

周辺の観光スポット

キリシタン祈念地

ページトップ