世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット土原・江向 小川家長屋門

 

小川家長屋門

こがわけながやもん

小川家は萩藩の大組士(500石)で、藩政末期の当主小川厚狭佐(こがわあさのすけ)は慶応元年(1865)から明治元年(1868)までの3年間萩町奉行を勤めました。同家の表門である長屋門は、木造平屋建入母屋造桟瓦葺、桁行27.39m、梁間6.0mのかなり長い建物です。
門構えはほぼ中央付近に幅2間の通路があり、正面から1.5m入った所に冠木を架け、入口は袖壁付きの観音開きになっています。内部に14部屋あり、道路側に5ヵ所の出格子窓があります。

 

ページトップ