世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット土原・江向 井上勝旧宅跡

「鉄道の父」井上勝の生家跡

井上勝旧宅跡

いのうえまさるきゅうたくあと

井上勝は、1843(天保14)年、萩藩士井上勝行の三男として生まれた。
1863(文久3)年、5人の留学生(長州ファイブ)の1人としてイギリスへ渡り、鉱山と鉄道について学んだ。1868(明治元)年に帰国後、初代鉄道頭となり、日本初の鉄道、新橋・横浜間の敷設にあたった。以後1910(明治43)年にヨーロッパを視察中イギリスで死去するまで、日本の鉄道の発展につくし、「鉄道の父」と呼ばれている。
旧宅門は、2006(平成18)年3月、ワンコイントラスト運動の信託金により修復された。
※外観のみ見学可(但し、個人所有のため、敷地内には入れません。)

 

ページトップ