世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット土原・江向 周布政之助旧宅地

 

周布政之助旧宅地

すふまさのすけきゅうたくち

周布政之助は、文政6年(1823)萩藩大組(76石余)の家に生まれ、藩校明倫館に学び、俊才と評されました。弘化3年(1846)有志とともに嚶鳴社を結成し、時事を討議しました。政務役など要職を歴任して尊王攘夷運動を主導する一方、開国の時代に備え、伊藤博文・井上馨ら密航留学生(長州ファイブ)をイギリスに送り込みました。
文久3年(1863)8月18日の政変後は京都の失地回復に努めましたが、藩の政権交代で責任をとり元治元年(1864)自決しました。享年42。
この場所には、安政6年(1859)から数年住んだといわれています。

 

ページトップ