世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット笠山・越ヶ浜 笠山

日本海に面した眺望が抜群! 不思議スポットもいっぱい

笠山

かさやま

笠山は、北長門海岸国定公園の中心に位置し、山頂に直径30m・深さ30mの小噴火口を持つ、標高112mの小さな火山です。約1万年前に噴火し、安山岩の溶岩台地と、空中高く噴き上げられたマグマのしぶき(スコリア)が降り積もってできた丘(スコリア丘)でできており、その形が市女笠に似ているため、「笠山」と呼ばれるようになりました。

ふもとの明神池付近から笠山椿群生林、山頂へは「笠山自然研究路」があり、トレッキングコースとしておすすめです。山頂にある展望台からは、萩市街地や日本海に浮かぶ島々の美しい景色が楽しめます。

また笠山には、バクチノキ、タマシダなど暖地性植物が自生し、冷気のある風穴の影響で寒地性のコタニワタリ、ホソイノデなどが見られます。このように暖地性と寒地性の植物が混生するのはめずらしく、学術上も高い価値があります。
北麓には樹齢100年以上といわれるコウライタチバナが自生し、自生地として天然記念物に指定されています。

【 笠山の見どころ 】

○明神池

明神池は、笠山の溶岩と潮流の作用で海が埋め残したかん水湖です。岩の隙間を海水が出入りし、そのため潮の満干で水面がわずかながら上下します。池にはマダイ・クロダイ・ボラなど、約20種類の海水魚が生息しています。【国指定天然記念物】

○風穴
笠山には大小無数の風穴があり、真夏でも15℃くらいの冷たい空気が流れ出しています。これは笠山を造形している多孔質の岩石に雨水や海水が浸透し、蒸発時に熱を奪われるためです。”天然のクーラー”と呼ばれる穴場スポットです。

○笠山椿群生林
笠山の北端にあたる虎ヶ崎には、約10haの広さに約25,000本のヤブツバキが自生しています。開花期間は12月上旬~3月下旬と長く、例年2月中旬~3月下旬頃に見ごろを迎えます。

 

 

ページトップ