世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット平安古 平安橋

平安古総門前の外堀に架かる堅牢なる城下と堀内を結ぶ南の通路

平安橋

へいあんばし

萩城三の丸の3つの総門(北・中・平安古)の一つ、平安古総門の外堀に架けられた石橋で、萩城三の丸から城下町へ通じる道路でした。昔は、中ノ総門や北ノ総門前にも橋がありましたが、現存するのは平安橋だけです。
平安古(ひやこ)に通じているということから“平安橋”と呼ばれる玄武岩で造られた橋は、吊り桁、定着桁を備えたゲルバー桁橋の構造を持った無橋脚の珍しい橋で、橋桁全長約6m、幅約4m、堀底からの高さは2.5m。慶安5(1652)年の萩城下町絵図には木橋として描かれています。新堀川に架かる石橋がいずれも明和年間(1764~71)に構築されていることから、同時期に石造りに架け替えられたといわれています。

 

ページトップ