世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット城下町 木戸孝允旧宅

幕末維新の三傑の一人、木戸孝允誕生の地

木戸孝允旧宅

きどたかよしきゅうたく

桂小五郎の名でも知られ、“維新の三傑”と詠われた木戸孝允の旧宅。生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした木造瓦葺の2階建ての家は、中に入ると、誕生の間や幼少時代の手習いの書を表装した掛け軸、写真などが展示されている。建物内にはボランティアガイドが常駐しているので詳しい説明を聞くこともできる。

木戸孝允は、天保4年(1833)、萩藩医・和田昌景の長男として生まれる。後に藩士・桂家の養子となり“桂小五郎”の名でも知られている。藩校明倫館に通い吉田松陰の兵学門下となり、文久2年(1862)藩の要職に就き京へと出て国事に奔走。慶応元(1865)年、藩命により姓を“木戸”と改め、翌年、坂本竜馬の仲介のもと薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと“薩長同盟”を結び明治維新に尽力。維新後は、五箇条の御誓文の起草、版籍奉還、廃藩置県などの推進に功績を残す。明治10(1877)年、西南の役の途中で病死。享年45歳。

 

ページトップ