世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット城下町 青木周弼旧宅

防長医学の発展に大きく貢献した日本屈指の蘭学医・青木周弼

青木周弼旧宅

あおきしゅうすけきゅうたく

13代藩主・毛利敬親の侍医を務めた青木周弼の旧宅。幕末当時、日本屈指の蘭学医でもあった。来客用と家人用の座敷に分けられた母屋が、全国から門下生が集まった青木家の事情を物語っている。青木周弼は、享和3(1803)年、周防大島郡の医師青木玄棟の長男として生まれる。三田尻の名医能美友庵・洞庵父子に学び、江戸に出て蘭方医坪井信道などに学んだ。長崎に遊学した際には、シーボルトに師事。一時、長崎で開業するも天保9(1838)年に能美洞庵などの推薦で藩医となり、嘉永元(1848)年、13代藩主・毛利敬親の信任を得て侍医となる。早くから種痘法に注目し、弟・研蔵を長崎に遣わし研究させ、藩内でこれを施し大いに功を奏した。高杉晋作が10歳のとき疱瘡にかかった際、診療した医者としても知られる。藩の医学館(好生堂)創設にかかわり、後に館長となり、防長医学の発展に大きく貢献。周弼が培った洋学の知識は、村田清風を通じて幕末の藩政改革に生かされた。文久3(1863)年、61歳でこの世を去る。

※平成24年12月5日から保存修理を行うため公開を休止しておりましたが、平成28年4月2日(土)より公開しております

萩市文化財施設1日券(9施設共通・310円)が使えます

 

ページトップ