トップ>「萩の瀬つきあじ・萩のあまだい」の観光資源としての活用プロジェクト

萩の瀬つきあじ・萩のあまだいの観光資源としての活用プロジェクト

「萩の瀬つきあじ・萩のあまだい」の観光資源としての活用プロジェクトとは?

萩を代表するブランド魚「萩の瀬つきあじ」と「萩のあまだい」をテーマに、「新たな食の開発をしていこう!」というプロジェクト。「萩の瀬つきあじ」と「萩のあまだい」を使った料理の可能性を広げ、もっとおいしく食べていただくためのさまざまな情報をお届けします。

萩沖の日本海はさかなの宝庫!

萩は、江戸時代の町並みがそのまま残るまち。明治維新胎動の地としても知られ、歴史を今に伝えています。
そして萩は、実は「お魚のまち」でもあります。萩には県内有数の漁港があり、年間約250種類もの魚が水揚げされ、一年を通して新鮮で美味しい旬の地魚を食べることができます。
漁場が近いからこそ、旬のお魚が新鮮に味わえる。ぜひ萩で美味しいお魚をご堪能ください!

萩のさかなはなぜ美味しいの?

萩のまちから臨む日本海は、対馬、朝鮮半島まで大陸棚が達し、大島、見島をはじめ数多くの島々や、“瀬(天然礁)”があります。この海域には激しい潮流がプランクトンをたっぷりもたらすうえ、水深100m前後の起伏の多い瀬は、格好の魚の棲み家となっています。

画像:萩市位置図

画像:瀬(天然礁)の図

瀬(天然礁)とは?

萩の沖には、海底火山や流れ出た溶岩が冷え固まってできた「瀬」や「グリ」と呼ばれる海底の”高まり”があります。
この高まりが海流を乱し、栄養たっぷりの海底の泥を巻き上げます。その栄養と太陽の光でプランクトンが良く育ちます。それを食べに魚が集まってくるのです。

お魚紹介

画像:萩の瀬つきあじ

瀬つきあじ

九州五島列島沖で生まれたマアジが対馬暖流に乗って山口県の日本海沿岸に来遊し、その一部が萩沖の瀬(天然礁)にすみつき、育ったものです。ここでプランクトンやシラスなど豊富で良質なエサを食べ成長し、脂がよくのって身がふっくらしたおいしい「瀬つきあじ」となります。

詳しくはこちら

画像:萩のあまだい

あまだい

萩に水揚げされるあまだいは、対馬沖から浜田沖にかけての海域、特に見島沖で多く漁獲されます。漁場が近くバツグンの鮮度なので、高級魚として高い評価を得ています。また、薄紅色をした身は適度に脂が乗って甘く淡白で、年間を通して食べられます。

今が旬!鮮度抜群の瀬つきあじを食べよう!萩の瀬つきあじWEEK

萩沖日本海の逸品!萩のあまだいWEEK

ページトップ