堀内

城下町

古萩・北古萩・浜崎

土原・唐樋・吉田町

平安古・江向・橋本・田町

東萩・松本

椿

小畑

越ヶ浜・笠山・大井

山田

三見

広域・市外

新着情報トップ匠 萩焼小畑正舟窯

白を究め造形美を操る若い感性が魅せる陶の世界

正舟窯

せいしゅうがま

 

親子2代で作陶。息子の船崎透氏は11代(人間国宝)12代三輪休雪に師事した後、父の正舟窯に入る。身近に「休雪白」を見てきた彼の白い釉薬を使用した作品には、特に思い入れがあり他の作家を凌ぐ。
作品は食器や茶器、花瓶など多岐に渡るが、特にオブジェ制作で注目を集めている。さまざまな模索もあったが、「柔軟な土に躍動的な造形美を求めた」彼ならではの創作だ。独創性の高いフォルムを生み出すその若い感性に、これからの創作が期待される。

 

ページトップ