新着情報トップ四季グルメ・特産品萩民謡 男なら

山口県を代表する民謡

萩民謡 男なら

はぎみんよう おとこなら

文久3年(1863)当時、尊皇攘夷を掲げる長州藩は、下関・関門海峡を通過する外国船に砲撃しました。しかし翌年、四国連合艦隊(アメリカ・イギリス・フランス・オランダ)の報復によって大きな被害を受けました。そこで、萩に残る人々も外国船の襲来に備えて、日本海に面した菊ヶ浜に約2kmの土塁を築きました。
築造には特に武士の妻や奥女中の功績が大きく、土塁は通称「女台場(おなごだいば)」と呼ばれるようになりました。この作業の際、士気を鼓舞するために唄われたのが「男なら」で、萩女の心意気を唄ったものです。

男なら
お槍かついで お中間となって
ついて行きたや 下関
お国の大事と聞くからは 
女ながらも武士の妻
まさかのときにはしめだすき
神功皇后さんの 雄々しい姿が 
鏡じゃないかいな オーシャリシャリ


幕末から明治維新後にかけて流行した甚句で、現在、山口県を代表する民謡になっています。

 

 
ページトップ