世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット広域 阿武川ダム

 

阿武川ダム

 

阿武川は、水源を島根県の権現山(標高653m)に発し、途中幾多の支流を合わせ、阿武郡阿東町を貫流して萩市に至り松本川、橋本川を分かち、それぞれ日本海に流入する。流域面積635平方キロ、流路延長66.3キロの山口県で日本海側における最大の河川です。
阿武川ダムは、阿武川の中流に位置する広さ約4平方キロの人造湖で、阿武川河口の慢性的な水害を防ぐため、洪水調整、不特定用水確保に、発電の目的を加えて、北浦地域の総合開発の促進を図るため多目的ダムとして建設されました。昭和45年末より建設工事に着手し昭和50年3月に完成したえん堤高95m・えん堤長270m 総貯水量153,500,000トンの日本有数の規模を誇る重力アーチ式コンクリートダムです。

 

ページトップ