世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット広域 吉田松陰東送の碑

松陰が江戸へ護送される途中、そのときの感懐を漢詩に詠んだ

吉田松陰東送の碑

よしだしょういんとうそうのひ

江戸幕府により東送を命ぜられた先生は、安政6年(1859)5月25日、萩から江戸への途中一行と共に、萩往還に沿うこの地で、しばしの休息をとられた。そのときの感懐を、先生はこの漢詩(七言絶句)に託されたのであった。その意は、「私は幕府の命令で江戸に送られるが、自分の真意は天の神に正したらわかるはずである。自分は公明正大である。ここ夏木原では、五月雨がしとしとと降り、ほととぎすがしきりに鳴いている。ほととぎすは血を吐くまで鳴くと言うが、その血で、このあたりのさつきつつじも真紅に燃えている。自分の胸中もまた同じ思いがする。」と。わが国の現状を憂い、行く末を案ずる先生の心情がよくあらわされている。先生時に満28歳。
(現地案内板「吉田松陰先生と夏木原」より)

(われ)を縛(ばく)し、台命(だいめい)もて関東に致(おく)る、
簿(ぼ)に対し心に期す  昊穹(こうきゅう)に質(ただ)すを。
夏木原頭(なつきげんとう)  天雨黒(くら)く、
満山(まんざん)の杜宇(とう)  血痕(けっこん)(くれない)なり。

 

 

周辺の観光スポット

淵が平の滝

ページトップ