春のイベント

夏のイベント

秋のイベント

冬のイベント

新着情報トップイベントカレンダー萩往還ワンデーウオーク

維新の志士も駆け抜けた歴史の道「萩往還」を歩きませんか?

萩往還ワンデーウオーク

はぎおうかんわんでーうおーく

日本海に面した城下町・萩から、瀬戸内海に面する防府・三田尻までを結ぶ『萩往還』。かつて参勤交代の御成道(おなりみち)として整備され、吉田松陰先生や高杉晋作などの維新の志士なども往来した歴史の道で、国の史跡に指定されています。
ウオーキングコースは、佐々並コースと明木コースの2コース。
維新の志士に思いを馳せつつ、季節の風や木々の香りを感じながら歩いてみませんか?

○佐々並コース 【20.3km】
国の重要伝統的建造物群保存地区の「佐々並市」を通過し、標高差約300mの「一升谷」と呼ばれる坂道を歩きます。ここには、400年もの風雪を耐え忍んだ石畳がいまも残り、当時の往還の面影を最もよく残しています。
○明木コース 【11.3km】
佐々並コースと合流。藩主一行がかごを下ろして休んだ「悴坂(かせがさか)駕籠建場跡」、萩の城下を見ることができる最後の場所「涙松跡」、萩往還の起点でもある「唐樋(からひ)札場跡」といった史跡を通り、田町商店街を抜け、菊屋横町を通り、中央公園でゴールとなります。

>> 萩往還ワンデーウォーク2017の開催について
※参加申込みは、平成29年3月8日(水)までです






 

 
ページトップ