世界遺産

堀内

城下町

浜崎

松本

平安古

平安古

笠山・越ヶ浜

椿

広域

美術館・博物館

萩往還

新着情報トップ観 観光スポット平安古 土塀と夏みかん(夏ダイダイ)

5月頃白い花を咲かせる萩の特産品・夏みかんのなる風景

土塀と夏みかん(夏ダイダイ)

 

夏みかんの原樹は長門市仙崎の大日比にあり、萩に伝わったのは文化の初年(1804)頃。江向の楢崎十郎兵衛が、大日比の友人から贈られた数個の果実から得た種子を蒔いたのが始まりではないかと言われている。明治9(1876)年には小幡高政が、禄を失って困窮していた士族救済の為に、士族授産結社「耐久社」を結成して夏みかんの増殖普及を図り、空いた武家屋敷の庭などを利用してこれを育てた。最初人々は半信半疑だったが、高政の熱心さで年とともに栽植する者が増加し、明治10年代には萩の町はほとんど夏みかんで埋まったという。 萩の町に定着している「土塀と夏みかん」の風景は、堀内や平安古、城下町エリアで多く見ることができる。夏みかんは花期と収穫期をほぼ同時に迎えるため「昨年と今年の実が“代々”なる」ことから、「ダイダイ」と名付けられている。毎年5月上旬から中旬にかけて白い可憐な花を咲かせ、町は甘い香りに包まれます。

 
ページトップ