「ぶらり萩あるき」 萩市観光協会公式サイト

観光スポット

新着情報トップ観 観光スポット堀内 萩学校教員室

萩における明治洋風建築の代表的な建物

萩学校教員室

はぎがっこうきょういんしつ

この建物は明治20年(1887)頃の萩地方における代表的な洋風建築で、萩に現存する最も古い建物です。
萩学校教員室として明倫館の敷地内に建てられたもので、萩中学校が堀内に移転した後は、明倫尋常高等小学校の教員室や図書館として使用されていました。その後、萩市役所の敷地内に移築され庁舎の一部として使用していましたが、昭和44年(1969)に現在地に再度移築し修復されました。
建物の形式は木造一部2階建て、寄棟造桟瓦葺き、玄関は吹き放し、桁行12.24m、梁間7.28mで軒廻りは化粧軒裏天井です。

住所
萩市堀内132(山口県立萩高等学校敷地内) 
 
ページトップ