トップおいでませ萩へおすすめウォーキングコース>萩・笠山椿群生林コース

「萩・笠山椿群生林コース」自然の不思議がいっぱいの、笠山・椿群生林を歩く

標高112mの笠山は、北長門海岸国定公園の中心に位置し、玄武岩大地に直径30m、深さ30mの小噴火口を持つ日本で最も小さな火山です。
ふもとの明神池から北西端虎ヶ崎を経由して頂上までの約3.5kmは散策路が整備されており、盛夏でも気温が15℃前後と涼しい天然のクーラー「風穴」群や、美しい日本海と自然を堪能できます。さらに、山の先端に位置する虎ヶ崎には10haにわたって60余種、およそ25,000本のヤブ椿の群生林があり、2月下旬〜3月下旬頃に椿の見ごろを迎えます。

※ウォーキングコースですので、通常のガイドコースとは異なります。

コース風景

コース

ルートマップ/コース距離:約6km、所要時間:約2.5時間(説明時間を含む)※高低差のあるコースです 越ヶ浜市営駐車場 明神池 風穴群 笠山自然研究路 笠山椿群生林 笠山山頂(展望台) 越ヶ浜市営駐車場 明神池 笠山椿群生林 笠山山頂(展望台)
ページトップ