おいでませ萩へ

新着情報トップおいでませ萩へ明治維新胎動の地・萩

明治維新胎動の地・萩

萩は、近代日本の夜明けを告げた人々を数多く輩出しています。「松下村塾」を主宰し、多くの若者を教育した幕末の先覚者・吉田松陰をはじめ、幕末の風雲児・高杉晋作、晋作と共に松下村塾の双璧と呼ばれた久坂玄瑞、維新の三傑・木戸孝允、のちに初代内閣総理大臣となった伊藤博文など、日本を揺り動かした人々の出身地としても知られているところです。

明治維新、その胎動の地とは・・・

“これぞまさしく長州萩にあり!”と言っても過言ではありません。
吉田松陰先生をお祀りする松陰神社の一角に、明治百年を記念 して昭和43年につくられた大きな石碑があります。
“明治維新胎動之地”と刻まれており、この題字は、当時の総理大臣佐藤栄作氏の筆によるものです。
そして松陰神社の境内では、松下村塾がいまも当時の姿のままご覧頂けます。学問の神様・松陰神社や、維新の志士たちの旧宅などを巡り、当時に思いを馳せてみませんか?

松陰神社境内にある石碑

明治維新150年記念ガイドと巡る歴史ウォーク

明治維新150年

ページトップ