おいでませ萩へ

新着情報トップおいでませ萩へ

みなさんは萩についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

城下町の古い町並みや萩焼、そして吉田松陰、高杉晋作など維新の原動力となった勤皇の志士たち などなど・・・
「来てみるまでは、萩が山の中にあると思っていました。」とおっしゃる方が意外に多いのですが、萩は日本海に面しています。阿武川の下流が松本川と橋本川に分かれ、それぞれが日本海へと通じる三角州の上に発達したまち、つまり、水の都ともいえるのが萩のまちです。

そして、三角州の西端写真中央に、ぽつんと見えるきれいな三角形の山が指月山(しづきやま)で、いまから約400年前、この山のふもとに萩城が築城されました。

慶長9年(1604)、関ヶ原の合戦の後、毛利輝元卿(毛利元就の孫)が防長二州36万石の居城として萩城を築城し、明治維新に至るまでの約260年間にわたって、萩は防長二州の中心として栄えました。
その城下町のたたずまいや、当時の町割りなどがよく残されていて、江戸時代の城下町絵図をそのまま用いることができる『古地図で歩けるまち』です。

花ごよみ 萩はまちじゅうが博物館 明治維新胎動の地・萩 おすすめウォーキングコース 萩の偉人たち 萩のあれやらこれやら

【動画】「萩」という名 の世界遺産 -守り、受け継ぐまち-(約12分)

ページトップ