新着情報トップイベントPickUp


【須佐歴史民俗資料館】企画展 「旦那様がやってきた ~益田から須佐へ 近世益田家の幕明け~」 9月7日(土)~11月24日(日)

2019年08月05日 イベントPickUp 


 
萩市須佐歴史民俗資料館企画展 
旦那様がやってきた ~益田から須佐へ 近世益田家の幕明け~



>パンフレット表面   >パンフレット裏面


毛利家の永代家老として、江戸時代を通じて長州藩で活躍した益田家。
幕末に"禁門の変"の責任を取って切腹した 33代益田親施(ちかのぶ、右衛門介)が有名です。
その益田家が治めたのが須佐を中心とする萩市東部地域です。
今秋、萩市須佐歴史民俗資料館では、益田家(=旦那様)が須佐へやってきた時代をテーマにした
企画展を開催します。

***

益田家は江戸時代以前は、石見国益田(現在の島根県益田市)を拠点にしていた戦国大名でした。
しかし、関ヶ原の戦いで敗れた毛利家に従い、益田を離れ須佐へ領地を移します。
なぜ益田家は須佐を選んだのでしょう?仕方なく?ただ、領地として割り当てられたから…?

実は須佐には益田家が拠点にしたくなるだけの「魅力」があったのです。
この企画展では、これまで明らかにされてこなかったその「魅力」に迫るとともに、小さな港町
だった須佐がどのような発展を遂げたかをご紹介します。


■開催期間 : 2019年9月7日(土)~11月24日(日)
■場  所 : 須佐歴史民俗資料館「みこと館」(萩市須佐4441-10)
■開館時間 : 9:00~16:30(最終入館時間 16:00)
■観 覧 料 : 大人310円、子ども150円(団体20名以上大人200円) ※10月より変更あり
■休 館 日 : 月曜日(月曜日が祝日の場合火曜日)
■お問合せ : 須佐歴史民俗資料館「みこと館」 電話08387-6-3916

須佐歴史民俗資料館「みこと館」についてはこちら

 



【関連行事】



シンポジウム
中世の益田家・近世の益田家 ~益田地域・須佐地域の現在・過去・未来~

◆日 時/10月14日(月・祝) 13:00~15:15
◆場 所/須佐文化センター(萩市大字須佐4570-1)
◆参加費/当日資料代等として300円ご負担ください
◆参加申込み/須佐公民館(電話08387-6-2310)までお申込みください。
       (受付時間は9:00~16:30 土日祝休)

企画展の関連行事としてシンポジウムをおこないます。
中世・近世の益田家研究の専門家とともに、藤道健二萩市長、山本浩章益田市長もご登壇いただく
ビッグイベント。益田家の歴史がわかるだけでなく、これから「益田家」を素材として両市がどの
ようにまちづくりに取り組んでいくか、皆様と一緒に考えるシンポジウムです。
是非奮ってご参加ください。
 



また、須佐まで行くのは大変だな、と思っている方にも朗報です!
なんと!萩市内・益田市内より、企画展見学およびシンポジウム参加のためのイベントバスを運行
します。
【益田市では、9月5日(木)~11月4日(月・祝)まで
 特別展「益田氏VS吉見氏 ‐石見の戦国時代‐」(島根県立石見美術館)が開催されます】

企画展見学バスツアー  >行程表はこちら(PDF)
◎益田⇒須佐
2019年9月29日(日)、10月14日(月・祝)※シンポジウム開催日、10月25日(金)
萩⇒須佐
2019年9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)※シンポジウム開催日
須佐⇒益田
現在準備中 詳細発表までしばらくお待ちください。

◆参加費/500円(別途入館料が必要です)
◆定 員/各回25名(先着順)
◆参加申込み/各開催日の10日前までに、須佐公民館(電話08387-6-2310)へお申込みください。
       (受付時間は9:00~16:30 土日祝休)

いずれの日程でも、今年4月に須佐駅前にオープンした「いかマルシェ」にも立ち寄り、須佐の
お土産や味覚を楽しんでいただけます。
須佐は歴史、食、そして自然が豊かなまち。これまで来たことがある方もない方も、これをきっかけ
に訪れてみてはいかがでしょう。

 




[ もどる ] [ HOME ]

ページトップ