新着情報トップ新着情報


“超小型モビリティ・シェア電動自転車” 試験導入について(萩版DMO事業 市内移動充実事業)

2018年08月01日 新着情報 



萩版DMOでは、萩市の観光振興と賑わいの創出を図ることを目的とし、
観光客の移動手段の利便性向上と、観光客の動向調査を目的とした
市内移動充実事業を実施します。

この度、8月1日より、市内交通対策としてIOTを活用した超小型モビリティ、
シェア電動自転車を導入しました。ぜひご活用ください。
【 導入期間/平成30年8月1日(水)~11月30日(金)】

*****************************************

超小型モビリティ HAGI×Ha:mo
 一人乗りの超小型電気自動車で、環境にやさしく、狭い道も小回りがききます。
 専用観光ナビゲーション搭載で、便利に観光をお楽しみいただけます!

   導入車体:トヨタ車体製COMS(コムス) Ha:mo(ハーモ)システム
   貸出拠点:萩・明倫学舎
   営業時間:9:00~17:00
   導入台数:6台

 ≫ HAGI×Ha:moについてはこちら

 


*****************************************

IoT電動シェアサイクル 萩自転シェア
 電動アシスト自転車なので、坂道もラクラク。萩のまちをゆっくり散策できます。
 市内4ヶ所に設置されるので、便利に観光をお楽しみいただけます!

   導入車体:ドコモ・バイクシェア自転車シェアリングシステム
   ポート設置:萩・明倫学舎、萩バスセンター、JR東萩駅、リゾートホテル美萩
   営業時間:10:00~17:00(1日券の販売時間、萩・明倫学舎、リゾートホテル美萩)
   導入台数:15台
 料  金:30分150円 30分以降毎100円
      1日券1,500円(萩・明倫学舎、リゾートホテル美萩のみ販売)

 ≫ 萩自転シェアについてはこちら

 


*****************************************




画像


[ もどる ] [ HOME ]

ページトップ