新着情報トップ新着情報


萩・明治維新150年記念 ロゴマーク・文字デザインについて

2018年01月10日 新着情報 



平成30年(2018)は、明治維新150年です

萩市では、平成30年(2018)に「明治維新150年」の節目の年を迎えるにあたり、
「明治維新胎動の地」として、近代日本の扉を開いた先達の歴史をひもとき、維新の
精神を風化させることなく、「幕末・維新の萩物語」を語り広め、次の世代に語り継ぐ
ため、様々な記念事業や関連イベントを展開していきます。

150年記念事業を広く各方面に周知し、官民一体となって盛り上げていくため、
また「明治維新150年」の機運をさらに高めていくため、
「萩・明治維新150年記念ロゴマーク」と「萩・明治維新150年祭文字デザイン」を
無償で提供しています。



≪ 萩・明治維新150年記念ロゴマーク ≫

          

   ANNIVERSARYとは・・・記念祭、記念日の意味 ​
              
●菱形は萩独自の景観を作りだしているなまこ壁(※)をイメージしています。
 菱形を連続させることで、伝統を守り続ける町が次々と新しいパワーを生み出してきた
 様子を表しています。
●イメージカラーの青は知性を、緑は若さを、赤は情熱を意味しています。
 この萩から150年たっても変わることのない、日本の未来へ対する熱い思いを伝えて
 いきたいという願いが込められています。

※なまこ壁とは・・・壁面に平瓦を並べて貼り、「目地」と呼ばれるその継ぎ目の部分に
 漆喰をかまぼこ型に高く盛り上げて塗る左官工法です。なまこ壁という名前は、この
 盛り上がった漆喰の形状が海に住む海鼠(なまこ)に似ていることから名付けられたと
 言われています。




≪ 萩・明治維新150年祭文字デザイン ≫




明治維新150年の節目の年を迎える2018年の前後を含めて、
2017年~2019年の3年間を「萩・明治維新150年祭」と銘打ち、
日本の近代化を成し遂げる原動力となった先達の志を未来に語り繋いでいきます。
 平成29年・・・プレイベント
 平成30年・・・150年節目の年
 平成31年・・・次の200年の節目に繋ぐネクストイベント
平成29年から3年間、様々なPRに「萩・明治維新150年祭」の文字デザインを使用します。


==============================================


【ロゴマーク・文字デザインの利用について】

ロゴマーク・文字デザインは、個人、団体、住所を問わず、どなたでも利用していただけます。

■利用料    無料(営利、非営利を問わない)
■利用期間  1年以内(1年を超えて利用したい場合は再申請が必要)
■申請方法 
  ロゴマーク・文字デザイン等を利用する場合は、利用目的や利用方法等の審査の必要が
  ありますので、利用の手引きをご覧の上、申請書に必要事項を記入し、萩市観光協会へ
  提出して下さい。
  (以下のフォームをダウンロードしてご利用ください)

  ・ 利用の手引き(PDF)
  ・ 利用申請書(PDF)利用申請書(Word)


 




[ もどる ] [ HOME ]

ページトップ