新着情報トップ新着情報


『萩・世界遺産ビジターセンター 学び舎』 見どころ紹介

2016年05月05日 新着情報 



『明治日本の産業革命遺産』 そして萩の5資産をわかりやすく楽しく学べる
萩・世界遺産ビジターセンター 学び舎 では、開館後も新しい見どころが登場!
また、萩の世界遺産にまつわる知られざる逸話などをわかりやすく紹介するセミナーを
定期的に開催しています。


>> 萩・世界遺産セミナー(特別講座)のお知らせ 6月22日(水)開催 


VR ( バーチャルリアリティ ) 体験コーナー                 

大板山たたら製鉄遺跡、萩城跡、恵美須ヶ鼻造船所跡を高精度CGによる
VR(バーチャルリアリティ)映像で往時の様子を再現しています。 (平成28年5月3日~)
手前に設置してあるタブレットを操作してVR映像を55インチモニターに映し出します。





名誉館長の吉田松陰先生がお出迎え                        

入口では、3D映像による動く吉田松陰「名誉館長」が、皆さんに語りかけます。
萩ふるさと大使である漫画家の桐木憲一さんによるデザインです。
先生の前でぜひ立ち止まってメッセージをお聞きください。






世界遺産の登録認定証 (複製) を掲示                        

「明治日本の産業革命遺産 -製鉄・製鋼、造船、石炭産業-」のユネスコの登録認定証(複製)
学び舎に掲出されています。 (平成28年4月14日~)
認定証には、「顕著な普遍的価値を証明する」という文章や、ユネスコのロゴマーク、世界遺産の
エンブレム、資産名、2015年7月8日の登録日などが英語で書かれています。
世界遺産となった証明でもある「認定証
」を間近でぜひご覧ください。





【世界遺産ガイドアプリ】 長州ファイブとめぐる!萩の世界遺産         

「長州ファイブ」が案内人となって、萩の世界遺産をより楽しく学べるガイドアプリが完成!
内蔵タブレットの貸出しをしています。 (平成28年3月30日~)

今では見ることができない往時の大板山たたら製鉄遺跡の姿を、仮想現実=バーチャル
リアリティを利用して再現した画像や映像をはじめ、5資産の紹介ムービーや反射炉の
内部構造を解説した高精細のCGムービーなどを楽しむことができます。
多言語対応 日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語



 

クイズコーナー                               

入口付近に「明治日本の産業革命遺産 萩エリアクイズコーナー」が登場!(平成28年4月27日~)
参加費は無料で、回答者には景品があります。ぜひご参加ください!
時間/10:00~12:00、13:00~15:00

 




[ もどる ] [ HOME ]

ページトップ