トップ>萩・しろ魚まつり

萩・しろ魚まつり〜萩の春の風物詩、しろ魚グルメを堪能

場所:山口県漁協萩地方卸売市場(道の駅萩しーまーと横)日時:平成29年3月5日(日)10時〜15時

しろ魚のおどりぐい無料サービス

しろ魚のおどりぐい無料サービス

第一部 10:30〜、第二部 13:00〜
活きたしろうおを酢醤油(すいち)につけて食べ、のど越しを楽しむ「おどり食い」を無料で試食できます!それぞれ約2,000人分をご用意。

しろ魚

会場の様子

しろ魚の即売(1袋1,000円)

11:00〜
活きたしろ魚を販売します。毎年行列ができ大人気!!
※なくなり次第終了します。

しろ魚料理の販売

10:00〜
しろ魚雑炊(200円)
※なくなり次第終了します。

屋台

10:00〜15:00
地元特産品や軽食の販売

 
 
しろうお

しろうおとは・・・

しろうおは、体長4〜5cmほどのハゼ科の透明な小魚。毎年2月中旬から4月上旬にかけ、産卵のために海から川をさかのぼるため、「春の訪れを告げる魚」とも言われています。酢醤油(すいち)につけて活きたまま食べる「おどり食い」は、口の中で魚の脂が出て糖味となり、口中でおどる舌触りと食感は格別です!

 
しろうお漁(四ツ手網漁)

しろうお漁(四ツ手網漁)

四ツ手網を使った伝統的な漁法で、松本川河口の姥倉運河周辺で2月下旬〜4月初旬にかけて行われます。十文字に組んだ竹に四隅をとめた六畳大ほどの網(四ツ手網)を川底近くに沈めて、潮の流れにのってしろうおが川を遡ってくるのを待ち、群れが網の上を通過する頃合いを見計らって、一気に網を引き上げるというもの。そして、引き上げた網の上を柄の長いひしゃくでポンポンと叩いて、しろうおを集めてすくい取ります。

早春の萩の風物詩となっているしろうお漁は、松本川にかかる橋の上などから見ることができます。(JR東萩駅近く)

 

しろうお料理が楽しめるお店

だいにんぐまめた 萩市椿東(JR東萩駅前)萩ロイヤルインテリジェントホテル内 電話 0838-21-4689
あす花亭 萩市土原606 電話 0838-22-7558
割烹 千代 萩市今古萩20-4 電話 0838-22-1128
萩の御厨 高大 萩市唐樋町80 電話 0838-22-0065
和食れすとらん中村 萩市土原394 電話 0838-22-6619
日本料理あじろ 萩市南片河町67 電話 0838-22-0010
お食事処わらじ 萩市呉服町1-4 電話 0838-22-6100
うまいもの処萩っ子 萩市唐樋町69-22 電話 0838-26-0555
MARU 萩市吉田町78 電話 0838-26-5060
萩パール 萩市大字椿東5589-1 電話 0838-25-0236
旬鮮Dining次男坊 萩市椿2152-3 電話 0838-21-7001
浜料理がんがん 萩市椿東北前小畑4160-61(道の駅萩しーまーと内) 電話 0838-25-3452
ホテル田中屋 萩市椿東3083-2 電話 0838-22-7538

※予約が必要な場合がありますので、事前にお店にご確認ください。
 
ページトップ